にきび治療としてピルが使われることがある

最近とても多いといわれている大人にきび、この肌トラブルは、皮脂分泌が盛んな思春期特有の肌にできるものだといわれてきましたが、近年では、女性を取り巻く環境の変化により、ストレスを強く感じてしまうと、ホルモンバランスが乱れ、その結果として肌が部分的に脂っぽくなってしまい、皮脂詰まりを起こしてしまうようになることが原因だといわれています。



この大人にきびが、男性の髭の生える部分に集中してできていることも特徴的で、口周りや顎、首、フェイスラインなどに何度も繰り返しできてしまうという声が多いです。



そこでにきび治療の一環として、避妊薬として広く知られている低用量ピルを処方するクリニックも多く、積極的に女性ホルモンを補うことで男性ホルモン分泌を抑え、皮脂量を減らしてしまおうという治療法となっています。同時に、肌にも柔軟性を与えるために、保湿ケアを徹底し、毛穴詰まりを起こさない環境に整えていきます。このように、身体の内外から積極的にアプローチすることで、にきびの出来にくい肌質に改善させていくことが出来、女性ホルモンを補うことにより、さらに美肌効果を高めていくことが可能です。

低用量ピルには、女性ホルモンが含まれているので、肌を綺麗にしたり、髪を増やしたり、バストにボリュームを出したりと、避妊以外にも様々な効能があることが認められていて、女性に取ってはまさに万能薬なのです。


保険が効かない自由診療ではありますが、低用量なら副作用のリスクも低く、安心して服用できます。

自分に合ったReutersが勢いに乗っています。