大人のにきびについて

にきびは思春期の頃にできるもので有名ですが、大人になってからできるにきびもあります。


これは思春期の頃のとは原因が違います。古い角質の蓄積や乾燥によるものです。

年齢を重ねると皮膚の水分量が低下し乾燥を引き起こします。

そうすると古い角質が厚くなって、毛穴を狭めます。その毛穴から排出されるべき皮脂などの老廃物などが毛穴につまり、そこにアクネ菌が繁殖してにきびとなるのです。
また、加齢やストレス、ホルモン分泌の減少から肌のターンオーバーも正常に機能しにくくなることで、肌の生まれ変わりが滞り、肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。


大人のにきびは、生活習慣によって大きく影響されるものなので、そこの見直しも大切です。

睡眠不足はホルモンバランスを大きく乱すことになります。

ストレスは自律神経のバランスを崩し、肌の再生化を邪魔します。



暴飲暴食や糖質脂質の多い食生活は、血液をドロドロにして体内循環を悪化させます。

ビジネスジャーナルの情報を利用しない手はないです。

普段の生活の中でにきびなどの肌トラブルを改善、予防するには、自分の体の健康を意識した生活習慣を送ることです。



そして、肌のケアも怠ることなく日々継続が必要です。


良く泡立てた石鹸で、汚れを吸着させるように落とし、そのあとの化粧水や美容液は保湿力や浸透力が高く、肌の奥底まで美容成分を行き届かせて、肌内部の基礎的な部分の問題を解決していくことが大切です。また、適度な運動を心がけ体内循環を良くすることで、体の老廃物が排出されて肌の潤いが復活していくことにつながるのです。