にきびの対策と予防について

にきびには主に思春期になってから出来る物と大人になってからも出来る物があります。



思春期の場合はホルモンのバランスが乱れることによって起こりますが、大人にきびの場合はホルモンバランスの乱れだけではなく生活習慣や食生活など様々な原因があります。

とくに社会人になると、正しい睡眠が摂れなくなってしまうため、肌の作られる時間が遅くなってしまうため、にきびの炎症や跡がいつまでも再生されずに残ったままになってしまいます。
そんなにきびの対策や予防について説明していこうと思います。食生活では、お菓子やジュース、油物を避けて和食を摂るようにすると、肌にも健康にも良くなります。油物や砂糖の摂り過ぎは肌の皮脂の分泌を増やしてしまい、肌トラブルが悪化してしまいます。
肌の再生を促す、ビタミンCなどの栄養素を摂取することを心がけて、腸内環境を整えるヨーグルトなどの発酵食品の摂取も良いとされています。


眠る前には食べ物を食べないことも重要となります。


人が眠っている間に胃に食べ物が残っていると、内臓が休息を取れなくなってしまいます。

こだわりのエキサイトニュースの正しい情報を手に入れましょう。

肌と内臓には深い関わりがあるため、内臓に不調が出ると肌にもそのサインが表れると言われています。眠る時間に関しては、夜の0時前には寝たほうが良いとされています。



なぜかと言うと肌が最も作られる時間が22時〜2時の間と言われていて、その間に睡眠を取ることで肌の再生を促進し、若返ると言われています。