皮脂を取りすぎるケアはかえってにきびに悪い

category01

脂っぽい肌にできるにきび、誰もが一度は悩まされたことのある肌トラブルですが、潰してしまったりすると、醜い跡になって残ってしまうこともあるので、一つであれども、正しい処置をすることが大切です。

にきびが出来ている部分の皮膚は、基本的に脂っぽくなっていることが多いので、どうしても皮脂を取るケアを取ってしまいがちですが、肌表面は脂っぽく見えていても、実はインナードライ状態で、肌の奥は潤い不足となってしまっていることも多いので、皮脂を取ろうとすればするほど、肌は潤いを補おうと、余計に脂を分泌させてしまうように働く場合があり逆効果となってしまいます。


こういった時には、逆に水分をしっかりと与えるケアに徹することで、保湿ケアが大切です。

ロケットニュース24を知りたい方必見の情報を集めました。

肌に潤いをたっぷりと与え続けることで、皮脂分泌が次第に抑えられていき、肌が柔らかくなっていくので、毛穴も柔軟となり、詰まりにくくなっていきます。



これは今できているにきびを落ち着かせ、進行を食い止めるだけではなく、これから先、毛穴詰まりを起こしにくい肌になっていくことにもつながるので、にきびができにくい肌質に変わっていきます。

にきびについての情報はこちらです。

さっぱり系のスキンケアをしても、一向に良くならない、逆に悪化している、という場合には、肌の乾燥が原因となっているケースだと考えられるので、保湿に力を入れたケアに切り変えてみましょう。オールインワンゲルなら、肌に触れる回数も極力減らせるので、炎症しているにきびがあっても安心です。

美容の実態

category02

にきびに悩まされるという方は大変多い事でしょう。顔ににきびが出来ていると、なんとなく気持ちも落ち込んでしまうこともあり得ます。...

subpage

美容の重要知識

category02

にきびは思春期の頃にできるもので有名ですが、大人になってからできるにきびもあります。これは思春期の頃のとは原因が違います。...

subpage

美容の常識

category03

最近とても多いといわれている大人にきび、この肌トラブルは、皮脂分泌が盛んな思春期特有の肌にできるものだといわれてきましたが、近年では、女性を取り巻く環境の変化により、ストレスを強く感じてしまうと、ホルモンバランスが乱れ、その結果として肌が部分的に脂っぽくなってしまい、皮脂詰まりを起こしてしまうようになることが原因だといわれています。この大人にきびが、男性の髭の生える部分に集中してできていることも特徴的で、口周りや顎、首、フェイスラインなどに何度も繰り返しできてしまうという声が多いです。...

subpage

美容の情報まとめ

category04

にきびには主に思春期になってから出来る物と大人になってからも出来る物があります。思春期の場合はホルモンのバランスが乱れることによって起こりますが、大人にきびの場合はホルモンバランスの乱れだけではなく生活習慣や食生活など様々な原因があります。...

subpage